top of page

バンカブル社との業務提携を開始


ECモールへのストア出店・広告出稿を

マーケティング戦略から資金面まで一気通貫でサポート


Barrizバンカブル社協業リリース
.pdf
ダウンロード:PDF • 509KB

株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社である株式会社Barriz(本社:東京都中央区、代表取締役社長:徳永 潤一、以下Barriz)と 株式会社デジタルホールディングスのグループ会社である株式会社バンカブル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高瀬 大輔、以下、バンカブル)は、D2C事業者の事業成長に伴走し、広告をはじめとしたマーケティングからその資金面までを一気通貫でサポートすることを目的として、業務提携契約を締結いたしました。



業務提携の背景

D2C事業者のECモールへのストア出店・広告出稿ニーズが高まっている一方、事業の運転資金を圧迫するために広告出稿に踏み切れず、出稿を見送らざるを得ないケースも多く存在します。

そのような課題を解決するために、D2Cに特化したコンサルティング事業を行っているBarrizは、バンカブルと業務提携し、同社が提供する資金の分割・後払いサービス「AD YELL」の提供を開始しました。



業務提携内容

Barrizは、提供する「Zenmai」(https://www.barriz.co.jp/zenmai)を通して、D2C事業者のECモールへのストア出店・広告出稿をサポートし、その費用をバンカブルの広告費分割・後払い(BNPL)サービスである「AD YELL」を適用して分割・後払いすることができます。これにより、D2C事業者は事業の運転資金を圧迫せず、ECモールという販売チャネルの拡大や販売促進・プロモーションへチャレンジすることが可能となります。



<​バンカブル「AD YELL」について>

「AD YELL」は、Web広告の出稿費用を最大4回まで分割・後払いにすることが可能となるサービスです。デジタルホールディングスグループが20年以上に渡り支援してきた広告事業のノウハウをもとに構築された独自の投資効果の予測モデルにもとづいて、リターン予測を行い、適切なサポート額を算出いたします。事業者様のキャッシュサイクルを改善し、運転資金を圧迫しない形で事業成長を支援いたします。


【AD YELL詳細ページ】https://vankable.co.jp/lp/



<Barriz「Zenmai」について>

「Zenmai」は、BarrizがAmazon(※3)において自社製品の販売を初めて検討されるD2C事業者様向けに、集客から改善施策までを一気通貫で支援するスタートアップパッケージです。

「Zenmai」で提供する具体的な内容は以下の通りです。

・スポンサー広告を活用したストアページの作成

・Amazon Advertisingを利用した広告運用/分析・効果改善

・オーガニック動向分析

・アカウント診断

・外部広告活用 等


【「Zenmai」詳細ページ】https://www.barriz.co.jp/zenmai



Barrizは、「関わる全ての人達にHAPPYを。」という企業理念を掲げ、広告主やその先の消費者の方々のニーズに沿ったサービスの提供を通じて、多くの方々のHAPPYを実現できるよう、事業推進してまいります。

以上



※1:2021年7月30日、経済産業省「電子商取引に関する市場調査の結果」より引用。物販系分野のBtoC-EC市場規模は、21.7%伸長し、EC化率8.08%の成長。

※2:PoC(Proof of Concept)とは、企業が抱える問題や課題を解決する製品(プロダクトやサービス)を最小単位で提供し事業仮説の概念実証を行うことを示す。

※3:Amazon は、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標または登録商標です。


 

本件に関するお問い合わせ先

株式会社Barriz E-mail: barriz_info@cartahd.com

報道関係者お問い合せ先

株式会社 CARTA HOLDINGS 広報室 E-mail: https://cartaholdings.co.jp/contact-pr/


Comentarios


bottom of page